自然工法、自然な通気の力で一年中快適・省エネ

日本の住宅は現在、高気密・高断熱の住宅が主流になってきています。
冷房により冷やされた空気・暖房で暖められた空気を高気密の部屋に閉じ込め、省エネ化を推進しようという考えです。
ところが、深刻な問題が浮上してきました。
高気密・高断熱を突き詰めた弊害。
日本の気候・風土を軽視した弊害。

新築直後に、頭痛・目やのどの痛み・吐き気・喘息発作・アトピーなどの悪化といった健康被害をお引き起こすシックハウス症候群がその一例です。
部屋の壁や床、天井につかわれた建材から出るホルムアルデヒドなどの有害科学物質がこもってしまうことが原因といわれます。そして結露によるダニやカビの発生も高気密化ゆえの弊害です。
これらの問題を解決するのがこの二重の通気層をもつ自然の力を活用した「通気断熱WB工法」です。
日本の伝統建築を生かしながら、健康・快適・省エネを実現したのはWB工法なのです。

通気断熱WB工法と従来の高気密・高断熱工法の比較

通気断熱WB工法は2つの空気層と形状記憶式自動開閉装置で、家が自信が呼吸しているような自然な通気を生み出します。
各ヘルスは気温の変化に合わせ開閉し、空気の流れをコントロール。壁体内の通気層は暑い日は冷却層に、寒い日は保温層に変わります。通気断熱WB工法は日本の気候に最適な家を実現しました。

気温の変化に対応して、空気の流れをコントロール。
それは、WB工法だけのシステムです。

7つの特徴

通気断熱WB工法は、家の構造から健康・省エネ・耐久性を実現した理想的な家づくりです。
ひみつは壁体内にある独自の二重通気構造。四季の移り変わりに応じて、家そのものが通気をコントロールします。そして、季節に合わせた心地よい住空間を生み出します。
家族が安心して暮らせる理由はその他にもあります。
通気断熱WB工法の持つ優れたポイントをまとめました。

進化した在来工法
伝統的な日本建築に、独自のしくみを組み込んだ家づくり。
それが通気断熱WB工法です。木の恩恵を最大限活用した家づくりなのです。
自然な通気
壁体内に設けた通気層によって家自身が呼吸をしているような自然な通気を実現。
日本の厳しい気候にも通気をコントロールして快適な住環境を生み出します。
透過のチカラ
通気断熱WB工法ならシックハウス症候群の心配もありません。
自然な通気と透過のチカラによって有害な化学物質も室内にこもりません。
健康を考えた住まい
通気断熱WB工法ならシックハウス症候群の心配もありません。
自然な通気と透過のチカラによって有害な化学物質も室内にこもりません。
設計の自由度
通気断熱WB工法には設計における制約がほとんどありません。
ライフスタイルに合わせたこだわりの家づくりができます。
高い耐久性
WB工法は日本風土に最も適した日本建築をもとにしています。
そのため耐久性も抜群。木による丈夫な骨組みと優れた調湿能力で地震や湿気にも負けません。
省エネ住宅
通気断熱WB工法は自然な通気で真冬の暖房を大幅に削減。さらに透過のチカラのおかげで機械換気も必要ありません。
自然に近い快適な暮らしも通気断熱WB工法の魅力の1つです。

WB Houseとは

「WB HOUSE」は、通気断熱WB工法によってつくられた住宅のことです。伝統に支えられた「WB HOUSE」のコンセプトは「深呼吸したくなる家」。木造による丈夫な骨組みにより、...

詳しくはこちら

高耐久構造住宅

桧オール4寸角「桧土台」・「桧柱」のこだわり 永井建築では、日本建築の最高の木材といわれる「桧」4寸角の無垢を土台・柱に使用しています。桧は強度・湿度・白アリには最強です...

詳しくはこちら

ダイライト制震システム

度重なる住宅被害をへらすために。日本はこれまで、幾度となく大きな地震被害に見舞われている世界でも有数の地震大国です。大地震が起こったとしても、現在の耐震基準を守っ...

詳しくはこちら

太陽光発電

クリーンな発電方法人が生活していくうえで欠かすことのできないものの一つが「電気」です。その電気を作り出すための手段は様々ですが、どの発電方法にもそれぞれの環境負荷が伴なうのも...

詳しくはこちら

あんしん住宅瑕疵保険

『住宅瑕疵保険』をご存知ですか?新築した家と言っても住んでみないとわからないこともたくさんあります。・雨漏りがした・柱、床が傾いている・基礎にヒビが入っているなど心配はあるかと...

詳しくはこちら

助成金のご案内

思い描いた家により近づけて費用はできるだけ抑えたい人生で一番大きな買い物になるであろう「家」。その費用はやはり大きなものになります。より便利な家・おしゃれな家など思い描い...

詳しくはこちら